NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン12型フェートン

年式 1933年
型式 12型
全長 2,770mm
全幅 1,190mm
全高 ----mm
ホイールベース 1,980mm
トレッド(前/後) 980/1016mm
車両重量 500 kg
エンジン ‐‐‐ (直4 SV) 748cc
最高出力 9kW(12ps)/3,000rpm
最大トルク ----/----
サスペンション(前/後) 横置リーフ/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ロッド式ドラム/ロッド式ドラム
タイヤ 4.00-24 (外径表示)バルーン
その他
ダットサンの名前は、1914(大正3)年に快進社が「ダット1 号車」を製造したことに由来します。DAT(ダット)は 快進社への出資者3 人のイニシャルから取られ、DAT の「息子」を意味する「DATSON」が生まれました。 しかし、「SON」は「損」を連想させるため、発音が同じで太陽を意味する「SUN」に替えた「DATSUN(ダットサン)」に改められ、昭和7(1932)年の10 型から採用されました。ダットサンは、主に日産自動車の小型車に使われ、 日本のみならず、海外でも親しまれるブランド名になりました。この12 型は、日産自動車が創業した1933 (昭和8)年12 月当時に製造されていた日産最古のモデルで、ヘリテージコレクションの中でも最古のクルマです。 「フェートン」とは、折りたたみ式の幌を持つ4 人乗りのオープンカーの呼び名です。また、バスタブのような 形状のボディも特徴です。