NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディZ 300ZX 1985年 全日本ラリー選手権優勝車

年式 1985年
型式 HZ31
全長 4,335mm
全幅 1,725mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,320mm
トレッド(前/後) 1,415/1,435mm
車両重量 1,325kg
エンジン VG30E・T型 (V6・OHC ターボ) 2,960cc
最高出力 169kW(230ps)/5,200rpm
最大トルク 333N・m(34.0kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 215-60 R15 90H(前後共)
その他 '85年全日本ラリー選手権シリーズチャンピオンカー、神岡政夫/中原祥雅組
日本が生んだ世界のスポーツカー、フェアレディZは、1983年(昭和58年)、3代目となるZ31型に生まれ変わりました。伝統のロングノーズ・ショートデッキスタイルを受け継ぎつつ、より尖鋭的なボディが与えられました。エンジンは従来の直列6気筒から、新設計のV 型6気筒SOHC、2ℓと3ℓのターボチャージャー付きエンジンへ変更しました。(1986年、2000ccのみ直列6気筒のRB20DETに変更) このクルマは、VG30ET型エンジン(最高出力230馬力)を搭載した300ZXのラリー仕様で、1985年(昭和60年)全日本ラリー選手権に第3戦からの途中参戦にもかかわらず、安定した戦績と、第6、7戦での連続優勝(神岡政夫/中原祥雅組)でポイントを重ね、ハイパワーターボカーがひしめく同年のシリーズチャンピオンに輝きました。