NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンスポーツ

年式 1952年
型式 DC-3
全長 3,510mm
全幅 1,360mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,150mm
トレッド(前/後) 1,048/1,180
車両重量 750kg
エンジン D10型(直4・SV<サイドバルブ>) 860cc
最高出力 15kW(20ps)/3,600rpm
最大トルク 48N・m(4.9Kgm)/2,000rpm
サスペンション(前/後) 横置リーフ/平行リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.50-15-4PR
その他 初のスポーツカー
故・片山豊氏が企画したダットサンスポーツ(DC-3型)は、1952年1月、DB-2型と同じ20馬力のパワーユニットを搭載したシャシーに、太田祐一氏のデザインした斬新なボディを搭載したショーモデルでしたが、ショーでの好評を受けて約20台が製作され、実際に販売されました。国産車で初めて「スポーツ」を名乗った「スポーツカー」の誕生でした。後の「ダットサンフェアレディ」や現在の「フェアレディZ」へ続く、日産スポーツカーの先駆けとして記念碑的な存在です。