NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

Be-1 キャンバストップ

年式 1987年
型式 BK10
全長 3,635mm
全幅 1,580mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,300mm
トレッド(前/後) 1,365/1,350mm
車両重量 710kg
エンジン MA10S型 (直4・OHC) 987cc
最高出力 38kW(52ps)/6,000rpm
最大トルク 74N・m(7.6kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/4リンク
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 165-70 HR12
その他 キャンバストップ
やすらぎや安心感を追求した「ここちよさ優先のナチュラルカー」として1985年(昭和60年)の第26回東京モーターショーに参考出品されたBe-1(ビーワン)は、1,000ccエンジンを搭載した初代マーチ(K10型)をベースにしながらも、どこか懐かしさを感じさせる愛くるしいスタイリングが会場で大きな話題となりました。車名は、「B-1案」だったデザイン案の呼び名を「Be動詞」へ翻案したことから名づけられ、「あなたの1台になります」というメッセージも込められていました。 1987年(昭和62年)1月に限定10000台で発売されると、高い前評判から10000台を超える受注が殺到し、購入者を抽選で決定する異例の事態となり、後のPAOやFIGAROへ続く日産パイクカーシリーズの誕生のきっかけを作りました。「パイク」とは、「槍の先」の意味で、少量限定生産を前提に、遊び心があり、とんがった性格のクルマを指しています。このクルマは発売2か月後に追加されたキャンバストップです。開放感とカジュアルな雰囲気が楽しめ、キュートな雰囲気が倍増するこの電動キャンバストップ仕様は、全体の40%を占めるほどの人気でした。