NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR88C

年式 1988年
型式 R88C
全長 4,780mm
全幅 1,990mm
全高 965mm
ホイールベース 2,800mm
トレッド(前/後) 1,600/1,550mm
車両重量 850kg以上
エンジン VRH30(V8・DOHC ツインターボ) 2,996cc
最高出力 550kW(750ps)以上/8,000rpm
最大トルク 735N・m(75.0kgm)以上/5,500rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) 4ポッド ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 320-30-R17/350-40-R19
その他 1989年JSPC参戦車(#24号車 長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン組 YHP)
1988年(昭和63年)のル・マン24時間レースに照準を合わせて新設計した、3000cc・V型8気筒DOHCターボのVRH30エンジンを搭載したグループCレーシングカーです。R88C-YHPは、1988〜89年(平成元年)の第2戦まで長谷見昌弘選手が第1ドライバーとして、88年はカーナンバー32、89年はカーナンバー24でそれぞれ全日本スポーツプロトタイプカー選手権(JSPC)を戦い、88年は第4戦・富士と第5戦・鈴鹿でともに3位に入賞。翌89年の第2戦・富士でも3位入賞を果たしました。このクルマは、89年の第2戦まで使用されたカーナンバー24、長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン組のR88Cです。なお、また、この年に始まった世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)の第1戦・鈴鹿でも、星野一義/鈴木利男組のR88Cが4位の成績を残しています。