NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR90CP #24YHP '90年全日本スポーツプロトタイプ選手権(JSPC)獲得車両

年式 1990年
型式 R90C
全長 4,800mm
全幅 1,990mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,794mm
トレッド(前/後) 1,600/1,560mm
車両重量 900kg以上
エンジン VRH35Z(V8・DOHC ツインターボ) 3,496cc
最高出力 588kW(800ps)以上/7,600rpm
最大トルク 784N・m(80.0kgm)以上/5,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) 4ポッドベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 325-630-17/350-750-19
その他
当時の新規定だったグループCカー(プロトタイプカー)による全日本耐久選手権は1983年(昭和58年)に始まり、のちに全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)という名称に変更されます。このJSPCで、日産チームは1990年(平成2年)から3連覇の大業を成し遂げることになりますが、その初代チャンピオンマシンがこのニッサンR90CPです(長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン組)。3500cc・V型8気筒DOHCターボであるVRH35型エンジンの改良型であるVRH35Zを搭載しています。基本シャシーは英国ローラ・カーズ社製を採用していますが、パーツの約70%が日産自動車とNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)製で仕上げられていました。