NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR90CK

年式 1991年
型式 R90CK
全長 4,800mm
全幅 1,990mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,795mm
トレッド(前/後) 1,600/1,560mm
車両重量 900kg以上
エンジン VRH35Z (V8・DOHC ツインターボ) 3,496cc
最高出力 588kW(800ps)以上/7,600rpm
最大トルク 784N・m(80.0kgm)以上/5,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 25.5-12.0-17/28.5-14.5-18
その他 1991年デイトナ24時間レース総合2位入賞車
プロトタイプカーのレースに出場を続けていた日産チームは、1990年シーズンに向け、英国ローラ社と共同でR90型を開発しました。これには日産の追浜で製作されたR90CPと、NME(ニスモ・ヨーロッパ)製作のR90CKの2タイプがありました。外観上での相違点はカウルやリヤスポイラーの形状でした。R90CKは、1990年(平成2年)〜1991年(平成3年)にかけてル・マンを含む世界耐久選手権に出場したほか、米国の耐久レースにも参戦しました。この83号車は、米国のNPTI(ニッサン・パフォーマンス・テクノロジーInc.)チームが、1991年のデイトナ24時間耐久レースに出場し、ボブ・アール/ディレック・デイリー/チップ・ロビンソン/ジェフ・ブラバム組のドライブで、2位に入賞したマシンです。