NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR90CK改

年式 1990年
型式 R90CK
全長 4,800mm
全幅 1,990mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,795mm
トレッド(前/後) 1,600/1,560mm
車両重量 910kg以上
エンジン VRH30Z (V8・DOHC ツインターボ) 2,996cc
最高出力 500kW(680ps)以上/7,200rpm
最大トルク 784N・m(80.0kgm)以上/5,400rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 25.5-12.0-17/28.5-14.5-18
その他
世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)用にNME(ニッサン・モータースポーツ・ヨーロッパ)で製作されたR90CKは、1990年WSPC でマニュファクチャラーズ部門3位の活躍を見せるものの、日産のWSPC 撤退にともない、1991年以降は米国デイトナ24時間レース等に活動の場を移していきます。 このR90CK改は、1992年のデイトナ24時間レースに出場したマシンで、この年からグループCカーにはIMSAの選手権ポイントが与えられなくなった為、GTPクラスに出場出来るようにエンジンを3.5ℓから3.0ℓにスケールダウンしたVRH30Zを搭載したモデルです。米国のNPTI(ニッサン・パフォーマンス・テクノロジInc.)チームから2台エントリーしましたがリタイヤに終わりました。