NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR91CP #23 '92年デイトナ24時間レース総合優勝車両

年式 1991年
型式 R91CP
全長 4,800mm
全幅 1,990mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,795mm
トレッド(前/後) 1,600/1,560mm
車両重量 930kg以上
エンジン VRH35Z(V8・DOHCツインターボ) 3,496cc
最高出力 500kW(680ps)以上/7,200rpm
最大トルク 784N・m(80.0kgm)以上/5,200rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) 14インチ カーボンコンポジットベンチレーティッドディスク(前後共)
タイヤ 25.5-12.0-17/28.5-14.5-18
その他 1992年デイトナ24時間レース総合優勝車
日産のグループCレーシングカーの歴史は、1983年(昭和58年)から始まります。英国のマーチ社やローラ社といった外国製のシャシーに日産のエンジンを搭載し、WEC(世界耐久選手権)や、国内の耐久シリーズ(JSPC)に参戦していましたが、R90型からは自社製となったマシンでの参戦となりました。このクルマは新設計のカーボンモノコックを採用したR91CP。1992年(平成4年)のデイトナ24時間レースで長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男組が日本人・日本車として初の総合優勝を飾った記念すべきマシンです。エンジンは3500ccのVRH35Z(V型8気筒DOHCツインターボ)で、最高出力は実に800馬力に達しました。このハイパワーを受け止める為に更なるチューニングをされたシャシーの採用など、優れたトータルバランスが、デイトナ24時間レース制覇という快挙を成し遂げました。