NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

セドリック カスタム6

年式 1969年
型式 H130V
全長 4,690mm
全幅 1,690mm
全高 1,455mm
ホイールベース 2,690mm
トレッド(前/後) 1,375/1,375mm
車両重量 1,300kg
エンジン L20型 (直6・OHC)シングルキャブ 1,998cc
最高出力 84kW(115ps)/5,500rpm
最大トルク 162N・m(16.5kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/平行半楕円リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 6.95-14-4P
その他 後期型 6人乗り
1965年(昭和40年)に登場した2代目セドリック(H130型)は、イタリアのピニンファリーナ社が手がけたデザインとなりました。この2代目セドリックの誕生は、その後20年もの長きにわたり日産車の中核を担った名機、直列6気筒のL型エンジンが誕生する記念すべき出来事でもありました。1965年に発売され、1971年(昭和46年)に3代目が登場するまで、セドリックは毎年秋にマイナーチェンジ(部分改良)を受けますが、1968年(昭和43年)9月のビッグマイナーチェンジでスタイリングのイメージががらりと変わっています。「カスタム」は現在では珍しい6人乗りのモデルで、「カスタム6」は、2000ccのL20型直列6気筒OHCシングルキャブエンジンを搭載し、最高出力は105馬力でした。このクルマは1969年10月のマイナーチェンジと同時に115馬力仕様となったエンジンを搭載したモデルです。