NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディZ 2by2 300ZX 富士スピードウェイマーシャルカー

年式 1989年
型式 GCZ32
全長 4,525mm
全幅 1,800mm
全高 1,255mm
ホイールベース 2,570mm
トレッド(前/後) 1,495/1,535mm
車両重量 1,570kg
エンジン VG30DETT (V6・DOHCツインターボ) 2,960cc
最高出力 206kW(280ps)/6,400rpm
最大トルク 388N・m(39.6kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) マルチリンク(前後共)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 225-50 R16(前後共)
その他
1989(平成元)年に登場した4代目フェアレディZ(Z32型) は、伝統のZらしさを踏襲しつつ、格段にロー& ワイド化されたスタイリングが特徴です。大きくラウンドしたグラマラスなボディは大きな話題となり、高級スポーツカー・GTカーとして人気を博しました。従来のZ同様、2シーターと2by2(ツーバイツー)が用意されました。 Z32型は2000(平成12)年8月に生産中止となり、Zの歴史もいったん途絶えることとなりましたが、新しい5代目のZ33型が2002(平成14)年に発売されるまで、Z32型は、11年もの間多くのファンを魅了し続けました。 このクルマは富士スピードウェイのマーシャルカーとして活躍した280馬力のターボ仕様で、サスペンション強化や回転灯などの改造が施されています。