NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディZ 2by2 300ZX 富士スピードウェイ セーフティカー

年式 1989年
型式 GCZ32型
全長 4,525mm
全幅 1,800mm
全高 1,255mm
ホイールベース 2,570mm
トレッド(前/後) 1,495/1,535mm
車両重量 1,550kg
エンジン VG30DETT型 (V6・4バルブDOHC・ツインターボ) 2,960cc
最高出力 206kW(280ps)/6,400rpm
最大トルク 388N・m(39.6kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) マルチリンク/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤ 225/50R16
その他
1989(平成1)年7月発売の4代目フェアレディZ・Z32型は、大きくラウンドしたワイド&ローのプロポーション、大胆なキャビンフォワードとショートオーバーハングなど、Zの伝統と革新が調和したスタイリングが特徴です。3ℓ・V6・DOHCのVG30DE型エンジン、4輪マルチリンクサスペンション、後輪操舵のSUPER HICAS、アルミキャリパー対向4ピストンブレーキなど、当時の最新技術を数多く搭載し、2000(平成12)年に生産中止を迎えるまで世界のスポーツカーファンを魅了しました。このクルマは発売初年の1989年式300ZXツインターボ 2by2 をベースに製作された富士スピードウェイのセーフティカーで、ベース車に対して、サスペンションの強化や回転灯設置を含めた多くの改造が施されています。