NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンブルーバード 1200 デラックス

年式 1965年
型式 P410
全長 3,995mm
全幅 1,490mm
全高 1,440mm
ホイールベース 2,380mm
トレッド(前/後) 1,206/1,198mm
車両重量 915kg
エンジン E1型 (直4・OHV) 1,189cc
最高出力 40KW(55ps)/4,800rpm
最大トルク 86N/m(8.8kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/半楕円リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.60-13-4PR
その他
2代目ダットサンブルーバード(P410型)は、1963(昭和38)年9月にリリースされました。イタリアのデザイン工房・ピニンファリーナがデザインしたヨーロッパ調のスタイリングで、当時はまだ少数だったモノコックボディの採用も話題となりました。2ドア・4ドアセダンとワゴンの軽量・高剛性ボディに、1000cc 45馬力(C 型)と1200cc 55馬力(E 型)のエンジンと、スタンダード、デラックス、女性用のファンシーデラックスなどのバリエーションを展開。1964(昭和39)年3月には、後にスポーツモデルの代名詞となるSSS の前身、ツインキャブで65馬力の1200SS(スポーツセダン)も追加されました。このクルマは1200cc(直列4気筒OHV)55馬力のエンジンを搭載した1200 4ドア デラックスです。