NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン セダン

年式 1956年
型式 113型
全長 3,860mm
全幅 1,466mm
全高 1,540mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,186/1,180mm
車両重量 890kg
エンジン D-10型 (直4・SV) 860cc
最高出力 18kW(25ps)/4,000rpm
最大トルク 50N・m(5.1Kgf・m)/2,400rpm
サスペンション(前/後) 縦置リーフ / 縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ ドラム
タイヤ 5.00-15-4PR
その他
ダットサンセダン(110 型)は、日産自動車が戦後初めての新設計を行い、1955(昭和30)年1 月に発表した4 人乗り乗用車です。搭載エンジンは、サイドバルブ式動弁機構をもった直列4 気筒・860cc のD-10 型で最高出力は25 馬力。 これに4 速フロアシフトのトランスミッションを組み合わせ、最高速度は79km/h でした。 すべてのボディパネルをプレス成形することで格段にモダンなスタイリングとなりました。ハーモニカ型のフロントグリルが与えられた同年12 月のマイナーチェンジ車(112 型)は、権威ある「毎日工業デザイン賞」の受賞作にもなります。 この113 型は、翌1956(昭和31)年6 月のマイナーチェンジ車で、特徴的なハーモニカ型のグリルはそのままに、トランスミッションをフロアシフトからコラムシフトへ変更しています。