NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンBe-1 横浜スタジアムリリーフカー

年式 1987年
型式 BK10 型
全長 3,635mm
全幅 1,580mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,300mm
トレッド(前/後) 1,365/1,350mm
車両重量 710 kg
エンジン MA10S型 (直4・OHC) 987cc
最高出力 38kW(52ps)/6,000rpm
最大トルク 75N・m(7.6kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/4リンク
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 165/70HR12
その他
1987年(昭和62年)1月に限定10000台で発売され、中古車市場でプレミアがつくなどの社会現象となり、その後のPAOやFIGAROへ続く日産パイクカーシリーズ誕生のきっかけを作ったのが「ニッサン Be-1(ビーワン)」です。「パイク」とは「槍の先」の意味で、少量限定生産を前提に、強い個性と遊び心があり、とんがった性格のクルマを「パイクカー」と呼んでいました。 このクルマは、Be-1発売と同時に、横浜ベイスターズのホームグラウンド・横浜スタジアムで活躍したリリーフカーです。愛らしいスタイルのBe-1がドアのないオープンカーに改造されていて、リリーフ投手がスタンドからよく見えるよう、助手席が高い作りになっているのが特徴です。