NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン1000 セダン (米国仕様)

年式 1958年
型式 L210 型
全長 3,860mm
全幅 1,466mm
全高 1,535mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,170/1,180mm
車両重量 925kg
エンジン C 型( 直4・OHV) 988cc
最高出力 27kW(37ps)/4,600rpm
最大トルク 67N・m(6.8kgf・m)/2,400rpm
サスペンション(前/後) 縦置リーフ / 縦置リーフ
ブレーキ(前/後) Parallel leaf / Parallel leaf
タイヤ 5.50-15-4PR
その他
ダットサン1000 セダンとトラック(それぞれ210 型・220 型)の発売は1957 (昭和32)年11 月でした。 当時は自動車そのものが国内ではまだまだ高嶺の花でしたが、それでも徐々に自動車の大衆化の機運が高まりつつありました。210 型は、発売した翌年の1958 (昭和33)年1 月にロサンゼルス輸入車ショーに出品され、さらに同年8 月から9 月にかけてのモービルガス・トライアル(通称「豪州ラリー」)でダットサン1000 セダン「富士号」がクラス優勝したことで話題となり、これらが本格的な対米輸出のきっかけを作りました。 このシルバーボディのクルマは、珍しい北米向け左ハンドル車(L210 型)で、星野一義氏が代表を務めるホシノインパルから寄贈されました。 重要な役割を演じたダットサン1000 セダンの後継車として誕生したのが初代ダットサンブルーバード(310 型)で、ブルーバードは日産を代表する本流の乗用車として成長していきます。