NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

チェリーFII 1400GL 4ドアセダン

年式 1975年
型式 F10型
全長 3,825mm
全幅 1,500mm
全高 1,345mm
ホイールベース 2,395mm
トレッド(前/後) 1,280/1,245mm
車両重量 755kg
エンジン A14型 (直4 OHV) 1,397cc
最高出力 58.8kW(80ps)/6,000rpm
最大トルク 113N・m(11.5kgm)以上/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/トレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.15S-13-4PR
その他
チェリーF-II・F10型は、日産初の前輪駆動(FF)車だった初代チェリー・E10型のフルモデルチェンジで1974(昭和49)年に発売されました。初代と比べると全長で165mm、ホイールベースで60mmと大幅に拡大されたボディはセダン・クーペ・バンの3種類で、やはりひと回り大きな1.2ℓと1.4ℓのエンジンを搭載しています。 スタイリングは、柔らかな曲線的フォルムと6角形をモチーフにした個性的ディテールが特徴でした。1970年代の安全意識の高まりをうけ、衝撃吸収構造や3点式シートベルトも採用されています。欧州でヒットしたE10型に続いて、海外市場でも「ダットサン120A」などの名前で引き続き好評を博しました。このクルマは1975年製造の4ドアセダン1400GLで、40年以上もワンオーナーの許で大切に使用された、奇跡のような純正仕様車です。