NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサン MID4 (II型)

年式 1987年
型式 MID4-II 型
全長 4,300mm
全幅 1,860mm
全高 1,200mm
ホイールベース 2,540mm
トレッド(前/後) 1,545/1,550mm
車両重量 1,400kg
エンジン VG30DETT 型 I/C (V6・DOHC ターボ インタークーラー付き) 2,960cc
最高出力 242kW(330ps)/6,800rpm
最大トルク 382N・m(39.0kgf・m)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/ マルチリンク(HICAS 付)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク
タイヤ 235/55ZR16 / 255/50ZR-16
その他 '87年第27回東京モーターショー出品車 4WD
MID4(ミッド・フォー)は、研究開発の成果をモーターショーの場で発表することも目的とした実験車両です。 車名はエンジンをミッド部(車体中央)に搭載した4 輪駆動(4WD)のスーパースポーツカーを意味しています。 このクルマは1987 (昭和62)年の第27 回東京モーターショーに出展された「MID4 II 型」で、エンジンは最高出力330 馬力のV 型6 気筒DOHC ツインターボ+ インタークーラーのVG30DETT 型エンジンを縦置きに搭載。 サスペンションはフロントにダブルウイッシュボーン式、リヤには操舵機構「HICAS」(ハイキャス)つきのマルチリンク式を採用していました。ファンの期待に反して市販には至らなかったものの、その技術の多くは、1989 (平成1) 年に発売された4 代目フェアレディ300ZX (Z32 型)やスカイラインGT-R (R32 型)などへ流用されました。