NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 1200デラックス

年式 1964年
型式 P410
全長 3,995mm
全幅 1,490mm
全高 1,440mm
ホイールベース 2,380mm
トレッド(前/後) 1,206/1,198mm
車両重量 915kg
エンジン E1型 (直4・OHV) 1,189cc
最高出力 40kW(55ps)/4,800rpm
最大トルク 86N・m(8.8kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ウィッシュボーン/半楕円リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.60-13-4PR(前後共)
その他
乗用車の保有台数が100万台を突破した1963(昭和38)年の9月、ブルーバードは大好評を博した初代から初のフルモデルチェンジで2代目の410型へと進化しました。先進的なフラットデッキをもったヨーロッパ調のデザインが注目を浴びましたが、このスタイリングはイタリアの名門デザイン工房・ピニンファリーナ社によるものでした。日産では「セドリック」に次いでモノコックボディを採用し、軽量化とボディ剛性を両立していました。発売当初は1000cc と1200cc エンジン(最高出力55馬力)の2本立てでしたが、後にブルーバードの伝統的なスポーティ仕様となる1200SS(スポーツ・セダン)、1300SS、1600SSS(スーパー・スポーツ・セダン)が設定されました。このクルマはマイナーチェンジ前の初期410型の「1200デラックス」です。