NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR390 GT1 '98年ル・マン24時間レース出場 総合5位 30号車

年式 1998年
型式 R390
全長 4,720mm
全幅 2,000mm
全高 1,090mm
ホイールベース 2,720mm
トレッド(前/後) 1,710/1,640mm
車両重量 1,000kg以上
エンジン VRH35L(V8・DOHC ツインターボ) 3,495cc
最高出力 478kW(650ps)以上/6,800rpm
最大トルク 706N・m(72.0kgm)以上/4,400rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) AP 6ポッド-カーボンローター・カーボンパッド-ABS付(前後共)
タイヤ 280-35-R18/335-40-R18
その他
日産は1997(平成9)年、1990年以来7年ぶりとなるワークス体制を敷き、GT1規定のニッサンR390 GT1でル・マン24時間レースに復帰しました。エンジンはV型8気筒DOHCツインターボ・3,495ccのVRH35L型で、最高出力650馬力以上を誇りました。ル・マン24時間レース復帰初年の1997年は、最高位が総合12位という不本意なな結果となりましたが、翌1998年(平成10年)には出走した4台すべてが10位以内で完走を果たし、総合3位、5位、6位、10位を獲得し、その速さと信頼性の高さを実証しました。このゼッケンNo.30は、予選10位から決勝へ挑み総合5位を獲得したマシン(ジョン・ニールセン/フランク・ラゴース/ミハエル・クルム組)です。