NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

NISMO GT-R LM ル・マン公認用ロードカー

年式 1995年
型式 BCNR33
全長 4,675mm
全幅 1,880mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,720mm
トレッド(前/後) 1,550/1,580mm
車両重量 1,580kg
エンジン RB26DETT (直6・DOHC ツインターボ) 2,568cc
最高出力 224kW(305ps)/6,800rpm
最大トルク 372N・m(38.0kgm)/4,500rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) 4ポットベンチレーテッドディスク/2ポットベンチレーテッドディスク
タイヤ 265-35-R18(前後共)
その他 ニスモ GT-R LM ロードカー
1990年を最後に中断していた日産のル・マン挑戦は95年に再開され、GTクラスに参戦することになりますが、スカイラインGT-Rをベースにした通常の改造だけで上位入賞は困難でした。そこでNISMOは、スカイラインGT-R(R33型)を大幅にモディファイしたル・マン専用GTカー「NISMO GT-R LM」を製作して挑むこととなりました。当時ル・マン24時間レースには「GTクラスに出場する車両は一般公道を走行できるロードカーが存在しなければならない」という規定があったため、NISMOは「NISMO GT-R LM」のベース車となるロードカーを1台製作のうえ英国で一般車両として登録し、公認を取得したのです。このクルマは1995年に製作されたロードカーで、ラジエーターやオイルクーラー、ブレーキなどの冷却性能を高めるエアロパーツや大きく膨らんだ前後のフェンダー等が市販仕様とは大きく異なるほか、エンジンも本戦への出走を想定した部品の採用およびチューンナップが施されていました。このモデルは市販はされませんでした。