NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR390 GT1 1998年ル・マン24時間 認証用ロードカー

年式 1998年
型式 R390型
全長 4,720mm
全幅 2,000mm
全高 1,140mm
ホイールベース 2,720mm
トレッド(前/後) 1,730/1,670mm
車両重量 1,000kg以上
エンジン VRH35L型 (V8・4バルブ DOHC ・ツインターボ) 3,495cc
最高出力 257kW(350ps)以上/5,200rpm
最大トルク 490N・m(50.0kgm)以上/4,000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/ ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤ 245-40-ZR18/295-35-ZR19
その他
世界三大24時間レースのひとつ、フランス・サルトサーキットを舞台にした「ル・マン24時間レース」。1990年代の半ばから後半にかけては、「GT1」と呼ばれる車両規定に準ずるマシンで優勝争いが繰り広げられていました。当時の「GT1」規定は、最低1台の「公道を走行可能な仕様の登録車」が求められたため、各社ともに、本格的な競技用の性能を持つ車両を市販車(ロードカー)として登録して「ル・マン」への出場権を得ていました。このクルマは、日産が1998年のル・マンの認証のために製作し、実際に英国で登録された「R390GT1」のロードカーで、レース仕様車とはまったく異なるボディカラーとシックなインテリアをもち、独特の魅力をたたえています。一般へ販売はされなかったものの、発売されたら1億円は下らないだろうとレースファンの間で噂されたクルマです。