NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR92CP No24 YHP

年式 1992年
型式 R91CP
全長 4,800mm
全幅 1,990mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,795mm
トレッド(前/後) 1,600/1,560mm
車両重量 850kg以上
エンジン VRH35Z (V8・DOHC・ツインターボ) 3,496cc
最高出力 588Kw(800ps)以上/7,600rpm
最大トルク 784N・m(80.0kgm)以上/5,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) 14インチ カーボンベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 320-30-R17/350-40-R19
その他 1992年JSPCシリーズ出場車 #24 YHPニッサンR92CP(長谷見昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山正彦組)
スポーツプロトタイプカー(グループCカー)による、全日本選手権がかかった耐久レースでも、日産車は数々の伝説を生んでいます。このR92CPは、全日本選手権を争う最後の年のレースに挑みましたが、全6戦のすべてでターボ車クラスの優勝を飾り、1990(平成2)年から3年連続のメーカー・ドライバー両タイトル完全制覇製するという偉業を達成しました。ニッサンR92CP は、3,496? V 型8気筒DOHC ターボから最高出力800馬力以上を発揮するVRH35Z 型エンジンなど、基本的なメカニズムを1991年のシリーズを戦ったR91CP に準じています。なお、R92CP はレース出場の際のエントリー名で、車両型式はR91CPのままです。このマシンは、1992年シーズンを長谷見昌弘選手/ ジェフ・クロスノフ選手/ 影山正彦選手組で戦ったYHP カラーの24号車です。