NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR92CP No1 カルソニック

年式 1992年
型式 R91CP
全長 4,800mm
全幅 1,990mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,795mm
トレッド(前/後) 1,600/1,560mm
車両重量 850kg以上
エンジン VRH35Z (V8・DOHC・ツインターボ) 3,496cc
最高出力 588kW(800ps)以上/7,600rpm
最大トルク 784N・m(80.0kgm)以上/5,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後) 14インチカーボンベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 320-30-R17/350-40-R19
その他 1992年JSPCシリーズ優勝車 #1カルソニックニッサンR92CP(星野一義/鈴木利男組)
1991年(平成3年)の全日本スポーツプロトカー耐久レース(JSPC)で、星野一義/鈴木利男選手組は全7戦中3勝(2位:1回、3位:1回)という安定した強さを発揮し、シリーズチャンピオンを獲得しました。翌1992年(平成4年)シリーズでも星野/鈴木組は全6戦中3勝(2位:2回)をあげ、日産に1990・91・92年の3年連続ダブルタイトル(メーカーチャンピオンとドライバーズチャンピオン)の栄誉をもたらします。このクルマは、星野一義/鈴木利男組のドライブにより1991年・92年と連続チャンピオンとなったマシンで、型式はR91CPのまま、レースエントリー名をR92CPとしていました。その心臓となるVRH35Z型エンジンはV型8気筒DOHCツインターボで、最高出力は800馬力以上を誇りました。車量が1tにも満たないため、馬力荷重(パワーウェイトレシオ)は約1kg/psというモンスターマシンです。