NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサン R382 1969年 日本グランプリ優勝車

年式 1969年
型式 R382
全長 4,045mm
全幅 1,879mm
全高 925mm
ホイールベース 2,400mm
トレッド(前/後) 1,470/1,370mm
車両重量 790kg
エンジン GRX-III (V12・DOHC・4バルブ) 5,954cc
最高出力 441kW(600ps)以上/7200rpm
最大トルク 627N・m(64.0kgm)以上/5600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/上Iアーム、下逆Aアーム、ダブルラジアスアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 10.55-15 /12.50-15
その他 1969年日本グランプリ優勝車、黒澤元治選手21号車(実車)
1960年代後半、国民的盛り上がりを見せていたのが「日本グランプリ」のトップカテゴリー「グランプリレース」です。その最終年となった1969(昭和44)年のグランプリに向けて開発された、当時の「グループ7」規定に準拠したプロトタイプレーシングカーがニッサンR382です。エンジンは新開発のV型12気筒DOHC で、5,954?という大排気量から、600馬力以上の圧倒的パワーを発生するGRX-III型を搭載しました。決勝レースでは、トヨタ7やポルシェ917といったライバルたちを退けて、21号車の黒澤元治選手がトップ、20号車の北野元選手のR382も2位に入り1-2フィニッシュ。日産にとっては1968年に次ぐグランプリ2連覇となりました。日本グランプリは、自動車をめぐる社会問題の深刻化に伴い翌1970(昭和45)年以降は中止されたため、結果的にこのレースが最後の開催となりました。このクルマは、日本グランプリに優勝した実車・21号車です。