NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン ハードトップ2000GT-X

年式 1972年
型式 KGC10 型
全長 4,330mm
全幅 1,595mm
全高 1,375mm
ホイールベース 2,570mm
トレッド(前/後) 1,325/1,320mm
車両重量 1,115kg
エンジン L20 型 ( 直6・OHC SU ツインキャブ) 1,998cc
最高出力 96kW(130ps)/6,000rpm
最大トルク 172N・m(17.5kgf・m)/4,400rpm
サスペンション(前/後) ストラット/ セミトレーリングアーム( 独立)
ブレーキ(前/後) ディスク/ ドラム
タイヤ 6.45S-14-4PR
その他
1968 (昭和43) 年8 月、スカイラインは3 代目・C10 型へフルモデルチェンジしました。C10 型は、日産自動車とプリンス自動車工業の合併後初の「ニッサン・スカイライン」として大きな注目を集めました。 初期には1.5ℓと2ℓエンジンの4 ドアセダン、1.5ℓのワゴン/ バンで構成されていましたが、超高性能版として別格の「2000GT-R」や1.8ℓエンジン車を加えて徐々にワイドバリエーション化。 1970(昭和45)年にはホイールベースを70mm短縮したスタイリッシュな2ドアハードトップシリーズも加わりました。 さらに、翌年9月には、2000 GT の上位モデルとして、SU ツインキャブで130 馬力にまでパワーアップした「2000GT-X」を追加。GT-R を除く2000GT シリーズで最高性能車であると同時に、当時はまだ珍しかったパワーウインドウなどの豪華装備でトップグレードとなりました。 このクルマは1972 年のハードトップ2000GT-X で、そのGT バッジは、他の2000GT やGT-R と区別して金色/ 白の配色になっていました。