NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン 1000 セダン

年式 1959年
型式 211J
全長 3,880mm
全幅 1,466mm
全高 1,535mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,170/1,180mm
車両重量 925kg
エンジン C型 (直4・OHV) 988cc
最高出力 25kW(34ps)/4,400rpm
最大トルク 65N・m(6.6kgm)/2,400rpm
サスペンション(前/後) 平行リーフ/平行リーフリジット
ブレーキ(前/後) ドラム(L/T)/ドラム(L/T)
タイヤ 5.00-15-4PR
その他
日産自動車の海外ラリー(豪州ラリー)初優勝をもたらし、世界の日産へとはばたくきっかけをもたらしたダットサン1000(210型)。そのモデルに改良を加えられたのがダットサン1000の211型です。フロントサスペンション、ステアリング、ブレーキの高速安定性能向上などの改良も施され、経済的で安定した走行性能をもつ、信頼性の高い乗用車として多くの方に愛され、開業医などが往診されるときのお伴として選ばれることでも評判になりました。そのフレーム(車台)を使用して、日本初のFRPボディをもつ新開発のオープンスポーツカー「ダットサンスポーツ(S211型)」も派生します。また、211型の後継として翌年に誕生するのが「ダットサンブルーバード(310型)」です。