NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

セドリック 4ドアハードトップ ターボ ブロアム

年式 1982年
型式 K430
全長 4,690mm
全幅 1,690mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,690mm
トレッド(前/後) 1,415/1,380mm
車両重量 1,485kg
エンジン L20E・T (直6・OHC・ターボ) 1,998cc
最高出力 107kW(145ps)/5,600rpm
最大トルク 206N・m(21.0kgm)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/5リンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 185-SR14(前後共)
その他
430型セドリック/ グロリアは、1979(昭和54)年6月、5代目セドリック/6代目グロリアとして発売し、センターピラーのない開放的な4ドアハードトップ、フォーマルな4ドアセダン、ワゴン/バンの3種類のボディがラインアップされました。日本初のエンジン集中電子制御システム(ECCS)を採用し、点火時期、アイドル制御などをコンピュータで集中管理し、パワー・燃費・排気性能を向上しました。1979年12月には、日本初のターボエンジン(L20E・T 型)搭載車を発売し話題となります。折しも第二次オイルショックで社会全体に「省エネ」が叫ばれる中、現在のクルマと同様に小さい排気量でハイパワーと燃費性能を両立させるターボチャージャー技術に注目が集まり、日本のクルマに「ターボ時代」の幕開けをもたらした立役者といえます。このクルマは後期430型セドリック ターボブロアムの4ドアハードトップです。