NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

セドリック ツインカムターボ グランツーリスモSV

年式 1991年
型式 Y31型
全長 4,690mm
全幅 1,695mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,735mm
トレッド(前/後) 1,440/1,455mm
車両重量 1,540kg
エンジン VG20DET型 (V6・4バルブ DOHC・ターボ) 1,998cc
最高出力 154kW(210ps)/6,800rpm
最大トルク 265N・m(27.0kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/65R15 93H
その他
1987(昭和62)年6月に発売された7代目セドリック/8代目グロリア・Y31型は、従来の高級乗用車セグメントに欠けていた「ドライビングの楽しさ」を強く追求したモデルでした。その性格をよく表すのが、従来からの「ブロアム」に加えて新設定された「グランツーリスモ」シリーズです。 セドリック/グロリアとして初採用の4輪独立懸架やDOHCエンジンなどの優れたハードウェアによって格段に高められた走行性能は、当時の高級車市場に新鮮な驚きをもって迎えられました。特に、このクルマに積まれた2ℓ・V型6気筒DOHCターボエンジンの「VG20DET型」はフリクション(抵抗)の少ないセラミックターボを日産で最初に採用した高性能パワーユニットで、このY31型グランツーリスモに初搭載され、初期型で185ps、 1989(平成1)年からの後期型では210psを発生しました。