NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

レパード 2ドア ハードトップ ターボSGX

年式 1982年
型式 PF30
全長 4,630mm
全幅 1,690mm
全高 1,345mm
ホイールベース 2,625mm
トレッド(前/後) 1,400/1,385mm
車両重量 1,250kg
エンジン L20ET型 (直6・OHCターボ) 1,998cc
最高出力 107kW(145ps)/5,600rpm
最大トルク 206N・m(21.0kgm)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195-70-SR14(前後共)
その他
レパードは、スカイラインやローレルに続く上級スペシャリティカーを目指して開発され、1980年(昭和55年)9月に初代モデルが発売されました。4ドアハードトップと2ドアハードトップのボディタイプがあり、エンジンはZ18型の1800cc、 L20型の2000cc、L28型の2800ccを設定。上級グレードには、本革シートやオートクルーズコントロール、4つの機能を一つに集約したマルチ電子メーターなどが標準装備され、また当時では世界初のワイパー付きフェンダーミラーも備わるなど、上質で充実した装備が大きな特徴でした。1982年(昭和57年)9月にはマイナーチェンジが実施され、世界初の光通信ステアリングスイッチが採用されるなど、充実装備にさらに磨きがかかりました。このターボSGXは、1981年に追加設定されたターボ車の上級グレードです。145馬力を発揮する、2000cc・直列6気筒OHCのL20ET型エンジンが搭載されていました。