NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン GT-R

年式 1989年
型式 BNR32
全長 4,545mm
全幅 1,755mm
全高 1,340mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前/後) 1,480/1,480mm
車両重量 1,430kg
エンジン RB26DETT型(直6・DOHC) 2,568cc
最高出力 206kW(280ps)/6,800rpm
最大トルク 353N・m(36.0kgm)/4,400rpm
サスペンション(前/後) マルチリンク/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 225-50-R16 92V
その他
8代目スカイラインのR32型は1989年(平成元年)5月に発売されました。それから3か月後の8月には、16年ぶりの復活となった「GT-R」が登場し、大きな話題を呼びました。R32型GT-Rは、専用設計されたRB26DETT型2600ccの直列6気筒DOHCツインターボエンジンを搭載し、当時の国産車最強の280馬力の最高出力を発揮。駆動方式には、FRベースながらも高度な電子制御で4輪に自在に駆動力を配分する電子制御トルクスプリット4WDであるアテーサETSを採用。サスペンションには4輪マルチリンクを採用し、セダン派生型のスポーツカーとしては世界トップクラスの運動性能を実現しました。このGT-Rは、期待通りレースで大活躍し、1990年(平成2年)〜1993年(平成5年)全日本ツーリングカー選手権では4シーズン29戦無敗という素晴らしい戦績を記録しています。同様に、海外レースでも大きな評価を得ました。