NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンセダン 113 (輸出仕様)

年式 1956年
型式 L113
全長 3,860mm
全幅 1,466mm
全高 1,540mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,186/1,180mm
車両重量 880kg
エンジン D10型 (直4・SV) 860cc
最高出力 18kW(25ps)/4000rpm
最大トルク 50N・m(5.1kgm)/2400rpm
サスペンション(前/後) 平行リーフ/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.00-15 4PR(前後共)
その他
1950年代の日産自動車は、オースチンとの技術提携でノウハウを蓄積し、1955(昭和30)年に日産の独自設計のダットサンセダン110型をリリースしました。型式名の百の位の「1」は戦後初の設計を、十の位の「1」は小型乗用車を、一の位の「0」は最初の型を表しています。モダンで斬新なエクステリア、高い居住性とタフなボディなどを実現し、サイドバルブの860ccエンジンは、パワー、燃費ともに当時の国産車の最高水準にありました。110型は同年12月にエンジンやステアリング装置、計器盤など50か所もの小改良を受け112型となります。翌1956年(昭和31年)6月、113型へとマイナーチェンジし、コラムシフトを採用するとともに、エンジンは引き続き直列4気筒の860ccを搭載。24馬力の最高出力を発揮しました。このクルマは113型の輸出仕様の左ハンドルです。