NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード エステートワゴン

年式 1967年
型式 W510
全長 4,145mm
全幅 1,560mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,420mm
トレッド(前/後) 1,275/1,260mm
車両重量 940kg
エンジン L13型 (直4・OHC) 1,296cc
最高出力 53kW(72ps)/6,000rpm
最大トルク 103N・m(10.5kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.60-13-4PR(前後共)
その他
ブルーバードの3代目モデルとなる510型は、1967年(昭和42年)8月にデビューしました。前年の1966年(昭和41年)には1000ccのダットサンサニーが大衆車として発売されており、ブルーバードは、510型から1300cc以上の中級モデルとして生まれ変わっています。ボディは大型化され、超音速機をイメージした「スーパーソニックライン」と呼ぶハイスピード時代の到来を予感させるデザインが施されました。510型にはセダン、エステートワゴン、バンの3シリーズが用意されていました。セダンは4輪独立懸架でしたが、ワゴンとバンは積載性を考慮して、リヤにリーフスプリング式のリジッドサスペンションを採用していました。このエステートワゴンはモデルチェンジ直後の最初期型で、直列4気筒OHCの新型エンジン・L13型(72ps)が搭載されています。