NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディZ432

年式 1969年
型式 PS30 型
全長 4,115mm
全幅 1,630mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,305mm
トレッド(前/後) 1,355/1,345mm
車両重量 1,040kg
エンジン S20 型 ( 直6・DOHC・4 バルブ) 1,989cc
最高出力 118kW(160ps)/7,000rpm
最大トルク 177N・m(18.0kgf・m)/5,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット / ストラット( 独立)
ブレーキ(前/後) ディスク/ ドラム( アルミフィン付)
タイヤ 6.95-H14-4PR
その他 1969年10月発表、11月発売、1978年6月生産終了
フェアレディZ の初代モデル・S30 型は1969 (昭和44)年10 月に発表、12 月に発売され、日本だけでなく、北米市場を中心に世界規模の大ヒット車となりました。 日産の世界的なイメージリーダーとして9 年間に及んで生産され、グローバル販売52 万台以上という、単一型式のスポーツカーとしては空前の大記録を樹立しています。 このクルマは、当時のスカイライン2000GT-R(PGC10 型)と同じ直列6 気筒・4 バルブDOHC・160psの「S20 型」エンジンを搭載した高性能モデル「Z432」です。 車名の432 とは、「4 バルブ・3 キャブレター・2 カムシャフト」から取ったネーミングであり、S20 型エンジンの構成に由来します。フラッグシップモデルらしくLSD(リミテッド・スリップ・デフ)や贅沢なマグネシウム製ホイールまでも標準装備で、価格も、ベーシックな「Z」のほぼ2 倍に相当する185 万円でした。 競技専用のベース車両として徹底的に軽量化されたスパルタンな「432R」も存在しました。