NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

セドリック 4ドアセダン 200E SGL エクストラ

年式 1980年
型式 430型
全長 4,690mm
全幅 1,690mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,690mm
トレッド(前/後) 1,415/1,380mm
車両重量 1,405kg
エンジン L20E型 (直6 OHC) 1,998cc
最高出力 96kW(130ps)/6,000rpm
最大トルク 167N・m(17.0kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/5リンク
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 185SR14
その他
1979(昭和54)年6月に5代目セドリックと6代目グロリアとして発売された430型は、1980年代の高級車らしく、直線基調のクリーンなスタイリングで好評を博しました。2.8Lエンジン車には点火時期・アイドル制御などをコンピュータで集中管理する新機軸、日本初のエンジン集中電子制御システム(ECCS)を採用します。これは今日さかんに語られる「自動車の知能化」の第一歩と呼べるものでした。続いて同年12月には小排気量で高出力と燃費性能を両立する日本初のターボエンジン(L20E・T型)搭載車を発売し、日本車にターボ化の潮流をもたらす立役者となりました。430型は、かつての230・330型と同様「西部警察」などの往年の刑事ドラマでも親しまれます。このクルマは、セドリックの4ドアセダン200E SGLエクストラで、2018(平成30)年にフルレストアされました。