NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン 1000 トラック

年式 1958年
型式 220型
全長 3,742mm
全幅 1,466mm
全高 1,625mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,170/1,180mm
車両重量 915kg
エンジン C型 (直4・OHV) 988cc
最高出力 25kW(34ps)/4,400rpm
最大トルク 65N・m(6.6kgm)/2,400rpm
サスペンション(前/後) 縦置リーフ/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.50-15-6PLT/5.50-15-8PLT
その他 最大積載量850kg
日産の創業期から存在し、愛され続けた小型商用車「ダットサントラック(ピックアップ)」は現在、グローバル市場で「ニッサンNP300ナバラ」として継続しています。 通算4代目の220型は1957(昭和32)年11月に発売され、そのエンジンとシャシーは同時発売のダットサン1000セダン・210型と同じです。988ccの新開発・直列4気筒エンジン「C型」は、日産初のOHVエンジンでした。 1958(昭和33)年、セダン210型がオーストラリアを一周する過酷なラリー「モービルガス・トライアル」でクラス優勝したことで、このエンジンの耐久性と高性能が世界に発信されました。これと相前後して1958年のロサンゼルス輸入車ショーにもセダンとピックアップが登場し、両車はまもなく米国に輸出されます。このように、210型と220型は日産の対米輸出の道を開いた記念すべきモデルになりました。