NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン 1000 トラック

年式 1958年
型式 220
全長 3,742mm
全幅 1,466mm
全高 1,625mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,170/1,180mm
車両重量 915kg
エンジン C型 (直4・OHV) 988cc
最高出力 25kW(34ps)/4,400rpm
最大トルク 65N・m(6.6kgm)/2,400rpm
サスペンション(前/後) 平行リーフ/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.50-15-6PLT/5.50-15-8PLT
その他 最大積載量850kg
ダットサントラックの4代目となる220型は、1957年(昭和32年)11月に登場しました。エンジンとシャーシは、同時に登場したセダンの210型と共用です。新開発のC型エンジンは、排気量988ccの直列4気筒で、「ストーンエンジン」と呼ばれた日産初のOHVを採用しています。セダンの210型が、オーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」で優勝を果たしたこともあり、このエンジンの高性能ぶりは世界に知れ渡りました。前後して1958(昭和33)年のロサンゼルス輸入車ショーに出展され、後に210型セダンとともにアメリカに輸出されます。ダットサントラックの歴史に、大きな足跡を刻んだモデルです。