NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

インフィニティQ45

年式 1991年
型式 G50
全長 5,090mm
全幅 1,825mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,880mm
トレッド(前/後) 1,570/1,570mm
車両重量 1,780kg
エンジン VH45DE型 (V8 DOHC) 4,494cc
最高出力 206kw(280ps)/6000rpm
最大トルク 400N・m(40.8kgm)/4000rpm
サスペンション(前/後) マルチリンク(前後共)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 215-65 R15 96H
その他 Lパッケージ
インフィニティQ45は1989年11月、米国市場での新プレミアムブランド「インフィニティ」のフラッグシップとして誕生しました。「ジャパン・オリジナル」をコンセプトに、従来の高級車像にとらわれず、世界に通用する日本独自の価値を追及した結果、グリルレスの独創的なスタイリングや七宝焼きのフロントオーナメントなど日本の伝統工芸も採用されました。樹脂製が一般的だったドアハンドルもダイキャスト製に、シート生地のウールやレザーの材質、車載工具の品質にまでこだわりを持った入念な作りこみでした。また、スイッチ類も、高級車らしいしっとりと重みのあるタッチに統一されていました。ハードウェアも当時の最先端で、新開発の4500cc・V型8気筒ツインカムエンジン、市販車としては世界初の油圧アクティブサスペンションを採用しています(セレクションパッケージ)。このクルマはバーガンディ(PM)のボディカラー、レッドのレザーシートをもった標準サスペンション仕様です。