NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

セドリック シーマ タイプII リミテッド

年式 1988年
型式 FPY31
全長 4,890mm
全幅 1,770mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,735mm
トレッド(前/後) 1,500/1,520mm
車両重量 1,640kg
エンジン VG30DET型 (V6・DOHC・ターボ) 2,960cc
最高出力 187kW(255ps)/6,000rpm
最大トルク 343N・m(35.0kgm)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 205-65-R15 93H
その他
初代シーマ・FY31型は、1987(昭和62)年の第27回東京モーターショーに出品され、翌1988(昭和63)年1月に発売されました。シーマは3ナンバー専用ボディで、国産車離れした伸びやかなスタイルと大型ボディによる広く快適な室内、日本初のV 型6気筒ツインカムターボエンジンによる圧倒的な加速性能や電子制御エアサスペンションなど、それまでの日本車になかった価値が大好評となり、当時、「シーマ現象」と経済紙で報道されるほどの爆発的なヒットになりました。1989年の物品税廃止(消費税導入)後は値ごろ感が増して売れ行きも加速し、いわゆる「3ナンバー車ブーム」の契機となりました。このタイプIIリミテッドは、255馬力を発揮する3リッターV型6気筒ツインカムターボエンジン「VG30DET型」を搭載した最上位グレードです。