NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンブルーバード 1200デラックス

年式 1960年
型式 P311
全長 3,910mm
全幅 1,496mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,280mm
トレッド(前/後) 1209/1194
車両重量 900kg
エンジン E1型 (直4・OHV) 1,189cc
最高出力 40kW(55ps)/4,800rpm
最大トルク 86N・m(8.8kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.60-13-4P
その他
ラリーで鍛えられ、海外へも輸出されたダットサン(210型系)の後継車として、1959年(昭和34年)8月にダットサン310型が誕生しました。このクルマから初めておなじみの「ブルーバード」という愛称がつけられます。このクルマは、1960年(昭和35年)10月に発売された改良型の 311型で、強化されたE1型1189ccエンジン(55馬力)を搭載し、変速機がフルシンクロとなりました。保存されている本車両は、全国一周キャンペーンに使われた車両で、ボディに書き込まれているのは、全国都道府県の徽章と知事のサインです。