NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ローレル H/T 2000GX

年式 1970年
型式 KPC30
全長 4,330mm
全幅 1,605mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,620mm
トレッド(前/後) 1,315/1,310mm
車両重量 1,020kg
エンジン G20型 (直4・OHC) SUツインキャブ 1,990cc
最高出力 92kW(125ps)/5,800rpm
最大トルク 172N・m(17.5kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.45-S14-4PR(前後共)
その他
ローレルは、1968年(昭和43年)4月に初代となるC30型が発売されました。ブルーバード(510型)よりも上級で、また法人需要が多かったセドリック(130型)とも雰囲気の異なるモデルで、中型車の世界に「ハイオーナーカー」という新たなジャンルを開拓した記念すべきモデルです。エンジンは、1800cc直列4気筒OHCのG18型が搭載され、サスペンションは、ストラットとセミトレーリングアームの四輪独立懸架式が採用されました。1970年(昭和45年)6月には、2000ccのG20エンジンとスタイリッシュな2ドアハードトップシリーズを追加。日産として初のピラーレスハードトップモデルでした。このクルマは、ハードトップシリーズの最上位に位置するスポーティグレード2000GXです。ツインキャブ仕様クロスフロー燃焼室を持つ、125馬力を誇る2000cc直列4気筒OHCのG20型エンジンを搭載しています。また、当時流行のレザートップ仕様で、ルーフパネルにビニールレザーを貼って幌のような風合い感を出したクルマです。