NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ローレル ハードトップ2000GX

年式 1970年
型式 KPC30型
全長 4,330mm
全幅 1,605mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,620mm
トレッド(前/後) 1,315/1,310mm
車両重量 1,020kg
エンジン G20型 (直4・OHC SUツインキャブ) 1,990cc
最高出力 92kW(125ps)/5,800rpm
最大トルク 172N・m(17.5kgfm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.45-S14-4PR
その他
1968(昭和43)年4月に初代・C30型が発売されたローレルは、当時のブルーバード・510型よりも上級で、法人需要中心のセドリック・130型とも異なる、当時の表現で「ハイオーナーカー」と呼ばれる新ジャンルを開拓した革新的商品です。 上級車らしい先進技術も特徴で、1.8ℓ直列4気筒OHCクロスフローのG18型エンジン、ストラット/セミトレーリングアームの四輪独立懸架、ラック&ピニオン式のシャープなステアリングが挙げられます。若々しいブルーバードに対して、より余裕を湛えた気品あるスタイリングもセリングポイントでした。1970(昭和45)年6月には2ℓのG20エンジン搭載車と、日産初のピラーレス2ドアハードトップボディを追加します。 このクルマは、ハードトップシリーズの最上級車2000GXで、ルーフ部のビニールレザーが幌のような風合い感をもつ当時流行の「レザートップ仕様」です。