NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディ280Z-T 2by2

年式 1981年
型式 HGS130型
全長 4,620mm
全幅 1,690mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,520mm
トレッド(前/後) 1,395/1,390mm
車両重量 1,300kg
エンジン L28E型 (直6・OHC) 2,753cc
最高出力 114kW(155ps)/5,200rpm
最大トルク 230N・m(23.5kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/70HR14
その他
1969(昭和44)年に発売後、スポーツカーとして異例の世界的ヒットとなったフェアレディZは、9年目の1978 (昭和53)年に初のフルモデルチェンジで2代目モデル・S130型に進化しました。初代フェアレディZ(S30型)のロングノーズ&ショートデッキスタイルのコンセプトを継承しつつ、ボディをやや大型化することで室内スペースを拡大しています。さらに、全車に4輪ディスクブレーキを採用するなど、より快適で使いやすいスポーツカーとして進化を遂げました。日本市場では直列6気筒OHC・2ℓエンジン の「Z」 と2.8ℓの「280Z」があり、海外ではもっぱら「ダットサン280ZX」の名前で知られます。 このクルマは1981年のフェアレディ280Z-T 2by2で、最高出力155psのL28E 型エンジンを搭載し、エアコン・パワーウインドウ・アルミホイールが標準装備の最上級グレードでした。 280Zは、往年の人気アクション刑事ドラマ「西部警察PART II・III」に登場する特殊車両「SUPER Z」のベース車です。劇中の車両はガルウイングドア付のボディに数々の特殊装備を満載し、画面の中で暴れ回った伝説のマシンでした。