NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンブルーバード 1200デラックス

年式 1961年
型式 DP311
全長 3,910mm
全幅 1,496mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,280mm
トレッド(前/後) 1209/1194
車両重量 900kg
エンジン E1型 (直4・OHV) 1,189cc
最高出力 40kW(55ps)/4,800rpm
最大トルク 86N・m(8.8kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.60-13-4P(前後共)
その他
メーテルリンクの童話「青い鳥」にちなんで名前をさずかった、初代ダットサンブルーバードは、マイカー時代に「幸せを運ぶ青い鳥」というキャッチコピーとともにデビュー。1959年(昭和34年)8月の誕生当初は4人乗りでしたが、その2か月後に後部座席の幅を40mm拡大して、5人乗りセダンとなりました。エンジンは1000cc・34馬力と、1200cc・43馬力を搭載していましたが、翌年10月のマイナーチェンジで型式名が311型となると同時に、1リッター、1.2リッター車がそれぞれ45馬力と55馬力にパワーアップされました。また、前身であるダットサン1000よりもひとまわり大きいボディサイズながら、全体で 30kgもの軽量化も実現していました。1961(昭和36)年発売の女性ドライバー向け特別仕様車「ファンシーDX」、続く1962(昭和37)年のオートマチック車追加もニュースでした。初代ブルーバードは、発売から4年間で21万台を生産する大ヒットでした。