NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

パルサー ハッチバック ミラノX1 ツインカム

年式 1986年
型式 REN13型
全長 4,030mm
全幅 1,640mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,430mm
トレッド(前/後) 1,425/1,420mm
車両重量 1,020kg
エンジン CA16DE型 (直4・4バルブ DOHC) 1,598cc
最高出力 88kW(120ps)/6,400rpm
最大トルク 137N・m(14.0kgm)/5,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/パラレルリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 185/60R14 82H
その他
パルサーは1986年(昭和61年)5月にフルモデルチェンジを受け、3代目のN13型に生まれ変わりました。ボディタイプは3ドアと5ドアのハッチバック、4ドアサルーンの3タイプ。張りのある曲面とシャープなラインを組み合わせた、スポーティなスタイルが特徴でした。エンジンは1300ccのE13S、1500ccのE15SとE15E、1600ccツインカムのCA16DE、1700ccのディーゼルCD17の計5機種でした。新開発の1600ccツインカムエンジンが注目を浴びましたが、合わせて話題となったのが、日本初のフルオート・フルタイム4WD(ビスカスカップリング方式)です。前後輪への最適トルク配分の自動制御を実現したこの新4WD方式は、イージー&セーフティドライブを可能にする画期的な新駆動システムとして高い評価を受け、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」にも輝きました。このX1ツインカムは、最もスポーツ性の強い最上位モデルです。