NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンブルーバード1300 2ドアDX

年式 1966年
型式 P411型
全長 4,000mm
全幅 1,490mm
全高 1,440mm
ホイールベース 2,380mm
トレッド(前/後) 1,206/1,198mm
車両重量 910kg
エンジン J型 (直4・OHV) 1,299cc
最高出力 46kW(62ps)/5,000rpm
最大トルク 98N・m(10.0kgm)/2,800rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.60-13-4PR
その他
1963(昭和38)年9月、ダットサンブルーバードは大ヒットだった初代から2代目・410型へ進化しました。先進的なフラットデッキをもった欧州調のスタイリングはイタリアの名門デザイン工房・ピニンファリーナ社の原案によるものです。日産では「セドリック」に次いでモノコックボディを採用し、軽量化と高剛性を両立していました。初期には1ℓ と1.2ℓエンジンの2本立てでしたが、後にブルーバードの伝統的なスポーティ仕様となる1200SS(スポーツセダン)、1300SS、1600SSS(スリーエス=スーパースポーツセダン)が追加設定されて、ブルーバードは徐々にスポーツセダンのイメージを強くしていきます。このクルマはリヤのプレスラインを変更した1966(昭和41)年のビッグマイナーチェンジ後の1300DXで、現代では珍しい2ドアセダンボディです