NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 4ドアハードトップ ツインカムSSS

年式 1988年
型式 U12型
全長 4,520mm
全幅 1,690mm
全高 1,345mm
ホイールベース 2,550mm
トレッド(前/後) 1,460/1,440mm
車両重量 1,180kg
エンジン CA18DE型 (直4・4バルブ DOHC) 1,809cc
最高出力 99kW以上(135ps)/6,400rpm
最大トルク 159N・m(16.2kgm)/5,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/ストラット
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/65R14
その他
8代目となるブルーバード(U12型)は、1987年(昭和62年)にデビュー。4ドアセダンと4ドアハードトップのボディタイプがあり、スポーティなSSS(スーパー・スポーツ・セダン)シリーズとファミリー志向のアーバンサルーンシリーズという2つのモデルラインが設定されていました。スタイルは、先代U11型、先々代910型のイメージを残しつつも、全体に角を落として丸みを帯びた、有機的で若々しいデザインを採用しています。SSSには、先進的なフルタイム4WDシステムの「アテーサ」を搭載し、ブルーバード初の4WDを設定。さらにSTC-Sus(スーパートーコントロール・リヤサスペンション)、4WAS(4輪アンチスキッドブレーキシステム)と統合することで優れたハンドリングや操縦安定性を実現していました。エンジンは、先代U11型と同様CA型ガソリンとLD型ディーゼル(アーバンサルーン系)をリファインして搭載し、CA18DET型ターボエンジンには新たにインタークーラーが採用されました。