NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン 4ドアハードトップ GTS ツインカム24Vターボ

年式 1986年
型式 HR31型
全長 4,650mm
全幅 1,690mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前/後) 1,425/1,420mm
車両重量 1,400kg
エンジン RB20DET型 (直6・4バルブ DOHC・ターボ) 1,998cc
最高出力 132kW(180ps)/6,400rpm
最大トルク 225N・m(23.0kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤ 205/60R15
その他
7代目スカイラインとなるR31型は、1985年(昭和60年)8月に発売されました。R31型スカイラインは、走りの性能の高さを予感させる洗練されたスタイルが好評を博すとともに、スタイリッシュな4ドアハードトップの登場により、スカイライン人気はさらに高まりました。また、質の高い走りを目指し、新開発した直列6気筒DOHC24バルブターボであるRB20DETなどの強力なパワーユニットで動力性能の向上を図りました。DOHCエンジン搭載車には、ステアリング操舵角と車速に応じて後輪を最大0.5度の範囲で変位させる、世界初の画期的な後輪操舵システム「HICAS(High Capacity Actively-controled Suspension=ハイキャス)」を採用するなど、先進技術を惜しみなく投入。車種体系は全32グレード。4ドアセダンと4ドアハードトップの2シリーズに、エンジンは6機種(RB20DET、RB20DE、RB20ET、RB20E、CA18S、RD28)という設定でした。この「GTS」は、 1986年(昭和61年)5月に発売された2ドアスポーツクーペ(セラミックターボエンジン搭載)から設定されたDOHC車専用グレードです。その後、4ドアハードトップにも拡大し、HICAS、4輪ディスクブレーキ、ハイサポートシート、フルホイールカバーなどが標準装備になっていました。このクルマのホイールはノンオリジナルです。