NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

シルビアクーペ ツインカムターボ RS-X

年式 1986年
型式 S12型
全長 4,460mm
全幅 1,670mm
全高 1,330mm
ホイールベース 2,425mm
トレッド(前/後) 1,390/1,425mm
車両重量 1,180kg
エンジン CA18DET型 (直4・4バルブ DOHC・ターボ) 1,809cc
最高出力 107kW(145ps)/6,400rpm
最大トルク 201N・m(20.5kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/60R15 86H
その他
1965年(昭和40年)3月に誕生した初代シルビア(CSP311型)は、日本初のスペシャリティカーとして注目を集めました。その後、1975年(昭和50年)10月に登場したS10型、1979年(昭和54年)3月のS110型を経て、S12型のシルビア/ガゼールは1983年8月に同時発売となり、フルリトラクタブルヘッドランプの精悍なフロントビュー、強いウェッジシェイプのシルエットが話題を呼びました。先代S110型同様、初期には4バルブDOHCのFJ20型エンジンを積む「RS」も存在しました。ボディは、ノッチバックルーフのクーペと大開口リヤゲートを持つハッチバックの2タイプ。1986年(昭和61年)2月のマイナーチェンジにより、FJ20ET、FJ20Eエンジンが新開発の1800ccDOHCターボCA18DET(145馬力)に換装され、全車種ともCA18系になりました。同時に、パワー・エコノミー自動切換式電子制御OD付4速ロックアップオートマチックも採用されました。この「ツインカムターボRS-X」は、クーペ・ハッチバック両シリーズに設定された最高位グレードです。