NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンフェアレディ SPL213

年式 1961年
型式 SPL213 型
全長 4,025mm
全幅 1,475mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,186/1,177mm
車両重量 890kg
エンジン E1 型 ( 直4・OHV) 1,189cc
最高出力 40kW(55ps)/4,800rpm
最大トルク 86N・m(8.8kgf・m)/3,600rpm
サスペンション(前/後) トーションバー( 独立) / 縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ ドラム
タイヤ 5.20-14-4PR
その他 SPL213のカタログ所蔵がないため、SPL212 の値と、同時期の310型ブルーバードのエンジン出力値を参考としました。
ダットサンフェアレディ(SPL212 型)は1960 (昭和35) 年1 月から北米輸出専用車として発売され、小型スポーツカーとして自動車先進国アメリカで一定の評価を獲得しました。 同年10 月にSPL213 型へとマイナーチェンジを受け、従来と同じ1189cc エンジンながら圧縮比を7.5 から8.2 に変更するなどで48psから55ps へパワーアップされます。 これらダットサンフェアレディシリーズの生産台数はSPL212・213 型合計でも500 台程度だったため、現存する車両は貴重です。 このクルマは大きな曲線を描くモールで分割された赤と白のツートーンカラーがおしゃれなSPL213 型で、L は左ハンドル(left-hand drive)を示す記号です。