NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディ SPL213

年式 1961年
型式 SPL213
全長 4,025mm
全幅 1,475mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,186/1,177mm
車両重量 890kg
エンジン E1型 (直4・OHV) 1,189cc
最高出力 40kW(55ps)/4,800rpm
最大トルク 86N・m(8.8kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) トーションバー・独立懸架/平行リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.20-14-4PR
その他 SPL213のカタログが無いため、SPL212カタログ+311ブルのエンジン値を参考とした。
1960年(昭和35年)1月から本格的に北米輸出が開始されたフェアレディ(SPL212型)は、小型スポーツカーとして自動車先進国であったアメリカで一定の評価を獲得しました。そして、同年10月SPL213型へとマイナーチェンジを受けます。搭載エンジンはSPL212と同じ1189ccでしたが、圧縮比を7.5から8.2に変更するなどのチューニングが施され、48馬力から55馬力へとパワーアップを果たしました。生産台数は、212と合わせシリーズとして500台程度という貴重なモデルです。記念車は、美しい曲線を描くモールで分割された赤と白のツートンカラーのエクステリアがとてもおしゃれなSPL213(「L」はLeft handle、左ハンドルを表すアルファベット)です。