NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン スポーツ 1600

年式 1968年
型式 SPL311型
全長 3,955mm
全幅 1,495mm
全高 1,325mm
ホイールベース 2,280mm
トレッド(前/後) 1,275/1,200mm
車両重量 945 kg
エンジン R型 (直4・OHV) 1,595cc
最高出力 71kW(96ps)/6,000rpm
最大トルク 140N・m(14.3kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 5.60S-14-4PR
その他
「フェアレディ」の車名は、1961年(昭和36年)に発売された1200ccエンジンのSPL212型に初めて冠せられたもので、そのルーツは1959年(昭和34年)6月に発売されたダットサン・スポーツ(S211型)にまで遡ります。1000cc・34馬力のS211型 の改良版であるSPL212(1200cc・48馬力)や、SPL213(1200cc・55馬力)が輸出専用であったため、日本での「フェアレディ」の販売は1962年(昭和37年)10月発売のフェアレディ1500(SP310型)からでした。セドリック用の71馬力エンジンを搭載したSP310型 は、1963年5月に行われた第1回日本GP(B-?クラス)で海外のスポーツカー勢を相手に独走で優勝、日本のスポーツカーのレベルの高さを証明しました。1965年(昭和40年)5月、マイナーチェンジを受けたフェアレディは、1600ccエンジンを搭載しSP311型となりました。エンジンは初代シルビアに初採用されたR型(1595cc・90馬力)を搭載、トランスミッションはポルシェタイプの4速フルシンクロを採用していました。1967 年(昭和42年)3月には、フェアレディ2000(SR311型)の発売時に、インテリアの仕様変更を中心としたマイナーチェンジがあり、同年11月にも米国安全基準適合化を中心とした一部改良が施されました。このクルマは、1600ccエンジン搭載の北米向け輸出仕様SPL311型です。左ハンドル、バンパーがオーバーライダー付となるなど国内仕様とエクステリアの細部が異なっています。