NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディZ バージョンST

年式 2002年
型式 Z33型
全長 4,310mm
全幅 1,815mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,650mm
トレッド(前/後) 1,535/1,545mm
車両重量 1,450kg
エンジン VQ35DE型 (V6・4バルブ DOHC) 3,498cc
最高出力 206kW(280ps)/6,200rpm
最大トルク 363N・m(37.0kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) マルチリンク/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤ 225/45R18 / 245/45R18
その他 ゴーンCEO使用車バージョン ST
「Z(ズィー)カー」ことフェアレディZは、4代目のZ32型が2000(平成12)年8月で生産中止になり、いったん系譜が途絶えるものの、ルノーとの提携を始めたばかりの日産にとって世界に知られた日産の象徴としての「Z」は大きな資産であり、その復活を望む声が内外ともに高まりました。その期待感の中、2001(平成13)年のデトロイトショーでコンセプトが発表された新型Zカーは、伝統のZらしさと現代的な感覚、高品質感と手ごろな価格設定で賞賛を浴び、翌年夏に日米ほぼ同時発売されます。 3.5ℓの自然吸気VQ35DEエンジンのみ、2シーターのみと割り切ったことも好評で、途中で「ロードスター」を加えつつ、次世代Z34型にスイッチするまでの6年間に、Z32型を上回る約25万台を生産する大ヒットになりました。 このクルマは、Z33型発売時の最初期モデルで、発表会などの場で大切に使われてきた個体です。