NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ハイパーミニ

年式 2000年
型式 EAO型
全長 2,665mm
全幅 1,475mm
全高 1,550mm
ホイールベース 1,890mm
トレッド(前/後) 1,290/1,270mm
車両重量 840kg
エンジン 交流同期電動機(ネオジウム磁石同期モーター) ―cc
最高出力 24kW(33ps)
最大トルク 130N・m(13.3kgm)
サスペンション(前/後) ストラット/ストラット
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 145/65R14 / 165/60R14 (ランフラットタイヤ)
その他 リチウムイオン電池、一充電航続距離:115km以上(10・15モード走行時)、 充電方式 インダクティブ(電磁誘導)方式 標準充電時間 4時間
1997年の東京モーターショーでお披露目され、2000(平成12)年2月に生産型が発売されたハイパーミニは、全長2.7m 以下、最小回転半径3.9m の非常にコンパクトな2人乗り電気自動車(EV)シティコミューターです。世界初のリチウムイオンバッテリーEV「プレーリーEV」(1996年) に続いてリチウムイオンバッテリーとネオジム磁石同期モーターを搭載し、バッテリーの小型・軽量化と高出力・低コストを実現していました。また、カーシェアリングを視野に入れたIC カードタイプのキーレスエントリーシステムの採用も画期的で、実際に横浜市と海老名市でEVカーシェアリング社会実験も実施しています。最高速100km/h、航続距離115kmはシティコミューターとして十分な性能で、ランフラットタイヤや軽量アルミフレームの採用など、EV以外の技術も先進的でした。「いっぱい走れる1km、1円。100km走って、たったの100円」というキャッチコピーは、時代を先取りしたものになっています。。